真面目な社会人
しょうが
・アニメ好きのアラサー社会人。
・小学生からアニメが好きで、深夜アニメを中学生から見始める。
・皆さんが良いアニメ作品に出会えるようにアニメの感想を記載してますので是非見てってください!
\ Follow me /
★★☆☆☆

【内容が薄い】「女神のカフェテラス」をアラサー社会人が見た感想・評価・レビュー【★★☆☆☆】

記事をご覧頂きありがとうございます。

「女神のカフェテラス」を見ましたので感想を記載します。

感想を共有してアニメをより楽しんだり、これから見るアニメの参考になればと思います。

詳細な感想以降はネタバレを含みますので、ご注意ください。

※あくまで個人の感想であり、低評価でも作品自体を批判するつもりはなく、アニメ制作に関わった方達には感謝しています。

それでは、ごゆっくりどうぞ。

ざっくり感想(ネタバレなし)

内容が薄い展開が不自然で感情移入できない

祖母が亡くなったため、祖母が経営していた喫茶店を潰すために主人公である隼が喫茶店に訪れてみるとバイトをしていたという美少女達が住んでいた。
喫茶店を潰そうと思っていたが、桜花が作ったピラフを食べたことにより、昔の祖母との記憶が蘇ったことから喫茶店が名残惜しくなり、隼が継ぐことに。
そして、従業員である美少女5人が一緒に働いていく内に隼を好きになっていくハーレムラブコメ作品です。

物語の終盤で主人公が大人になっているシーンがでてきて、将来はバイト5人のうち、誰かと結婚していることが明かされます。

五等分の花嫁と少し展開が似ている部分がありますが、この作品は、各キャラの設定が練られていないため展開が安っぽくなってしまっている印象を受けました。

また、お色気シーンが露骨しぎて逆に萎えてしまう部分が多々あったのがもったいなかったです。

しょうが
しょうが
こういうのがオタクは好きなんやろ、ほらほら~。と言われている気分になりました。お色気シーンはもちろん好きですが、もっと自然な流れで出して欲しいです。

ただ、キャラ達は可愛く描かれており、お色気シーンの作画は素晴らしかったため、内容が薄いことが本当にもったいなかったです。

ストーリー展開が面白くなかったため、お色気シーン目当てで見る人しか楽しめそうにないです。

総合評価:

各話の評価は下グラフのとおりです。

【各話概要】
・第1話:主人公とヒロイン達の出会い
・第2話:隼人が喫茶店を立て直そうと奮闘する
・第3話:喫茶店を無事開店
・第4話:祭りで屋台を出店
・第5話:紅葉のバンド活動を知る
・第6話:秋水の天然話
・第7話:紅葉の過去話
・第8,9話:流星の過去話
・第10話:桜花の過去話
・第11話:紅葉と流星の隼人への恋心について
・第12話:白菊の過去話、喫茶店の秘密

「良かった点」

・キャラが可愛い

「合わなかった点」

・露骨なお色気シーン

・安っぽい展開

基本情報

・略称:なし?

・原作:漫画(週刊少年マガジン)

・話数:全12話

・放送期間:2023年4月~6月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

作品概要

主要キャラ

©瀬尾公治・講談社/「女神のカフェテラス」製作委員会・MBS
©瀬尾公治・講談社/「女神のカフェテラス」製作委員会・MBS
©瀬尾公治・講談社/「女神のカフェテラス」製作委員会・MBS
©瀬尾公治・講談社/「女神のカフェテラス」製作委員会・MBS
©瀬尾公治・講談社/「女神のカフェテラス」製作委員会・MBS
©瀬尾公治・講談社/「女神のカフェテラス」製作委員会・MBS

主題歌

「運命共同体!」
音莉飴によるオープニングテーマ。作詞は音莉飴、作曲は音莉飴とメブキユウ、編曲はMARUMOCHI。
「ドラマチック」
佐藤ミキによるエンディングテーマ。作詞は上坂梨紗、作曲・編曲は塩野海。
「My Standard」
鳳凰寺紅葉(瀬戸麻沙美)による劇中歌。作詞はこだまさおり、作曲・編曲は馬瀬みさき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スタッフ

  • 原作 – 瀬尾公治
  • 監督 – 桑原智
  • シリーズ構成 – 大知慶一郎
  • キャラクターデザイン – 野口征恒
  • プロップデザイン – 山田菜都美、後藤伸正、新名昭彦、今井直人、永尾真琴、小出知沙、吉田琴音、風童じゅん
  • 衣装デザイン – 笛木優奈、朝國祥史
  • 美術監督 – 斉藤雅己
  • 色彩設計 – 油谷ゆみ
  • 撮影監督 – 設楽希
  • 編集 – 内田渉
  • 音響監督 – 本山哲
  • 音響制作 – HALF H・P STUDIO
  • 音楽 – 兼松衆櫻井美希
  • 音楽制作 – 日音
  • 音楽プロデューサー – 水田大介
  • プロデューサー – 青井宏之、山崎博昭、加藤正純、秋田規行、宇田川純男
  • アニメーションプロデューサー – 大澤宏志
  • 制作プロデューサー – 松川裕也 (第9話)
  • アニメーション制作 – 手塚プロダクション
  • 製作 – 毎日放送、「女神のカフェテラス」製作委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

詳細な感想(ネタバレあり)

各キャラ毎に主な設定や感じたことを記載していきます。

各キャラの設定

幕澤 桜花(まくざわ おうか)

©瀬尾公治・講談社/「女神のカフェテラス」製作委員会・MBS

【特徴】
真面目な性格をしている19歳、服飾系の専門学生。喫茶店の制服は桜花が製作している。

【東大進学を望まれていた】
身内が全員東大出身であることから、当然桜花も両親から東大進学を望まれていた。しかし、桜花はファッションに興味があるため、親の反対を押し切って、服飾系の専門学校に通っている。
双子の妹である橘花は東大に進学してくれたことが許してもらえたひとつの要因である。

桜花は橘花が自分のために犠牲になったと勘違いして後ろめたさを感じていたが、橘花は自身から望んで東大に進んでいたた、桜花の勘違いである。

橘花としては、桜花が後ろめたさから、今までの関係が壊れて、あげくの果てには住み込みで喫茶店で働くことになり、逃げるように家を出ていったのが寂しかった。

【隼のおかげで仲直り】
隼のおかげで桜花は橘花の話を聞くことになり、仲直りすることに成功する。また、喫茶店のメンバーは橘花を見た時に桜花と勘違いしていたが、隼だけは橘花と桜花を見分けることができたことから隼に好感を持つようになる。

©瀬尾公治・講談社/「女神のカフェテラス」製作委員会・MBS
しょうが
しょうが
初めは橘花が初対面である喫茶店メンバーへの態度が失礼すぎると感じたが、大好きな姉が男女交えて同棲していて仕事も真面目にやっているか曖昧だったから当然なのかもしれない。最後は仲直りして良かったです。

鶴河 秋水(つるが あみ)

©瀬尾公治・講談社/「女神のカフェテラス」製作委員会・MBS

【特徴】
天然キャラの高校2年生。いつも元気で明るいが頭はあまり良くなく、奇想天外な言動をしている。

【想像をはるかに超える天然】
ある日秋水は、空手の試合で負けて落ち込んでいた。
相手は、オリンピックの日本代表で一度も勝てたことがない。
監督からは「超えられない壁だってあるから諦めろ」と言われる始末である。

しかし、話を詳しく聞いていくと、秋水は試合時に自身の好きなストリートファイターの技である「波動拳」が出る気がしたため、技のポーズをとった隙だらけの状態にかかと落としをくらって負けたという。

負けて当たり前だったのだ。そしてそんな負け方をしたにもかかわらず本気で落ち込んでいたどうしようもない天然である。

©瀬尾公治・講談社/「女神のカフェテラス」製作委員会・MBS
しょうが
しょうが
元気いっぱいのキャラは微笑ましくて好きなんだが、このキャラは天然が度を越していて冷めてしまう。もっと年齢が低い幼女であれば微笑ましいのだが、大人でこのキャラは個人的に受け入れられなかった。

月島 流星(つきしま りほ)

©瀬尾公治・講談社/「女神のカフェテラス」製作委員会・MBS

【特徴】
人当りが良く、社交性が高い。そして人一倍頑張り屋さんの大学2年生。ギャルな見た目と反して、喫茶店メンバーで一番の常識人である。

【実は天才子役】
過去は誰もが知っている有名子役でした。だが、成長するにつれて相手にされなくなり人気は低迷していき、芸能界を引退しています。

【つらい過去を隠していた】
母親は子役で有名になると喜んでくれたため、一生懸命頑張りました。しかし、父親は頑張りすぎている娘を見て心配になり体調を優先するように言ってくれました。

母親に喜んでもらうために人一倍頑張っていたし、父親に心配されないためにも元気な姿を見せるように努めていました。
しかし、人気低迷をきっかけに両親は離婚してしまいました。

人当りが良かったのは子役時代を生き抜くために一生懸命頑張って身に着けたものであり、頑張り屋なのも両親を喜ばせるために身に着いた努力の人だということが伺えます。

【隼は両親と違い一緒にいてくれる】
熱中症で倒れた際に心配してくれたこと、そして父親と違い、どこにも行かないと約束してくれた隼人に好感を持ち始める。

©瀬尾公治・講談社/「女神のカフェテラス」製作委員会・MBS
しょうが
しょうが
なぜ父親まで離れてしまったんだろうか。そこがよくわからなかったです。努力している人は好感が持てるので幸せに流星は幸せになって欲しいです。

小野 白菊(おの しらぎく)

©瀬尾公治・講談社/「女神のカフェテラス」製作委員会・MBS

【特徴】
控えめで大人しい大学2年生。アルコールに極端に弱く、アルコール除菌シートの匂いを嗅いだだけで酔ってしまう。酔うと匂いフェチの淫乱娘へと変貌する。

【過去に隼と会っている】
白菊の父親が料理人であり、父親の師匠が隼のおばあちゃんでした。隼のおばあちゃんは実は有名な料理人でしたが、両親を亡くした隼の面倒を見るために料理人をやめて喫茶店をやっていました。

そして白菊の父親が隼のおばあちゃんに挨拶に行く際に白菊も一緒についてきており、その際に隼と出会っており、ピンチを救ってくれた隼に好意を抱いていました。

©瀬尾公治・講談社/「女神のカフェテラス」製作委員会・MBS
しょうが
しょうが
幼少期から思いを寄せている女の子は健気で可愛いです。そして酔った姿は最高です。

鳳凰寺 紅葉(ほうおうじ あかね)

©瀬尾公治・講談社/「女神のカフェテラス」製作委員会・MBS

【特徴】
クールなお姉さんキャラの19歳フリーター。喫茶店でバイトをしつつ、バンド活動を行っている。バイトの中でコーヒーを淹れるのが一番上手い。

【秘められた境遇】
200年以上続く貿易商を行っている名家の出身である。名家の娘として恥ずかしくないよう厳しい指導を受けてきた。
また、父親が早くに亡くなったため、跡取りを生むために実家が決めた相手と結婚するよう迫られている。
そんな環境から紅葉は、せめて一年間だけでも自由にしたいと願ったことから許可を得てバイトとバンド活動を実施している最中だったが、その一年という期限が終わり、実家に帰ることとなる。

【隼のおかげで母親を説得することに成功する】
母親は、紅葉が定職につかずにダラダラ毎日を過ごしているように感じていたことから戻るように迫っていた。
紅葉は戻りたくなかったが、母親に反抗する勇気がないため大人しく帰ろうと考えていたが、隼が背中を押してくれたおかげて母親に自身の気持ちを伝えることに踏み切ることができた。

そしてバイトに真剣に取り組んでいることを証明するためにコーヒーを母親の前で淹れて飲んでもらうことに。

紅葉の淹れたコーヒーを飲んだことで母親は紅葉の真剣さを感じてバイトを続けることを許可してくれました。

この一件を境に紅葉は隼人のことが好きになります。

©瀬尾公治・講談社/「女神のカフェテラス」製作委員会・MBS
しょうが
しょうが
コーヒーを淹れるのが上手くなっていたから跡取りをしなくても良くなるかね?真剣に取り組んでいたらバイトで良いのか?貿易商を継ぐ必要があるんじゃないのか?そうじゃなくてももっと肩書のある仕事を求めるものなのではないだろうか。自身の意見を上手く言えない設定だったが、一年間自由にしてよい許可を取るのには成功しているのも違和感ありありでした。正直全く感情が動きませんでした。

口コミ

【アマゾンプライムでの評価】

 

 

 

 

 

 

72件のレビュー平均が3.3です。

評価5の次に評価1が多いことから、合う人と合わない人が分かれる作品だと伺えます。

配信サイト

dアニメストア(初回なら1ヶ月間無料)

ABEMA(初回なら14日間無料)

U-NEXT(初回なら1ヶ月間無料)

2023/8/5時点では上記3サイト全て配信されています。

円盤を手元に置きたい人は購入しよう!

created by Rinker
¥7,480
(2024/07/14 22:26:20時点 楽天市場調べ-詳細)

原作

漫画を読むならAmebaマンガがお得!(100冊まで40%OFF)

Amebaマンガ

紙で読みたい人は購入しよう!

女神のカフェテラス 全巻セット(1巻~9巻)

作品グッズ

アニメグッズを買うならアニメイト!

アニメイト

使い慣れてる「amazon」、「楽天」でも良し!

created by Rinker
¥3,298
(2024/07/14 12:47:11時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ

キャラは可愛いのに設定があまくてもったいない。

見る場合は深く考えずキャラの可愛さを楽しむのが良い。

【初心者必見】大人でも楽しめるおすすめアニメランキング57選!(ジャンル別)アニメをあまり見ない人は、大人でアニメ見て楽しいの?と思うかもしれませんが、最近のアニメは内容が凝っているものも多くめちゃめちゃ楽しめます! そして映像技術は年々進化しており、戦闘シーンの迫力、キャラの魅力がどんどん増していっています! 今回は普段あまりアニメを見ない人でも楽しめる(と思われる)作品を私の独断と偏見でランキング形式で紹介していきます。 天気が悪い日、疲れて外出したくない、休日にやることがない人は是非今回紹介するアニメを見ることをおすすめします。 最近アニメに興味を持ち始めた人、何のアニメを見るか迷っている人は是非参考にして下さい!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA